多重債務になってしまう人の共通点とどうなってしまうか

多重債務に陥る人の共通点とは

多重債務に陥る人の共通点としては、身の丈に合わない生活や商品を購入することに違和感を持たないことが挙げられます。多重債務とは、誰にでも起こり得る状態であり、家計が破たんしていなくとも、複数社からの借り入れがある状態を示しています。

通常であれば、借金がある時点で新たな借金を作らないといったことが一般認識ではあるものの、『返済出来ているから大丈夫』といった考えを持っていることがあります。このような場合、預金ということは選択肢に無く、『何とかなる』といった考えがあります。

しかし、多重債務かつ債務整理をされる方には、認識の甘さ、家計における危機管理の欠如が原因ともいえるケースがあります。

基本的にクレジットカードを複数枚所持し、利用している場合でも多重債務ということが出来ますが、自分自身の利用状況に疑問を覚えないということが一番の共通点です。先ずは、クレジットカードやローン契約は各1社に留めるといった認識が重要です。

多重債務者が最後に融資の望みを持って行くのがヤミ金

あちらこちらの消費者金融や銀行のカードローンにクレジットカードの枠に手を出してもう何処からもお金を工面できない。そんな人が陥りがちなのがヤミ金業者に手を出す行為です。しかしこれは更なる地獄への道でしかありません。

法外な利息や取り立てに苦しみ最終的に命を絶つ所まで追い込まれてしまった人が沢山います。そういうのを防ぐために債務整理や自己破産の制度があります。確かに生活に足枷が付く事にはなります。

しかしヤミ金に手を出し生活がどうしようもなくなってしまう事態になるよりは楽です。とにかくヤミ金は最後の命綱でも希望でもありません。

多重債務者は債務整理をしないのならキツくても自力で借金解決が必要

多重債務者がお金を自力で返済するとなると、かなり厳しい道のりであることを覚悟しなくてはなりません。債務整理をすれば、借金の減額や金利負担の軽減を受けることは可能ですが、多重債務のままで返済し続けるならそれらのことはできません。

また、多重債務からの返済となると、色々な仕事をして借金を返済しないと今現在の収入では基本的に返済が間に合いませんので寝る間も惜しんで色々な仕事しないと返済はできないことを覚悟しておいた方がいいでしょう。返済のためにいろいろな苦労と我慢がなければ。

多重債務を自力では解決はできないと心してください。

多重債務の末期状態とは

多重債務と言っても、借り入れ件数が多くても返済能力に余裕のある方から債務超過に陥った状態にある方など様々です。ただし、債務超過に陥っている状態前の多重債務末期の場合、借りては返済するといった自転車操業状態を繰り返し、新たな借り入れ先を探すことが増えます。

債務超過に陥った場合、債務整理により速やかな処置を行わなければ、近しい人への影響も広がり、人間関係への影響も生じます。しかし、多重債務末期の状態であれば、まだ返済が可能と思い込める状態にあり、適切な判断が出来ないこともあります。

そこで、重要なことは既に自分自身の収入で返済出来ない状態になっていないか確認する必要があり、冷静な判断を失っている場合は落ち着くことをおすすめします。

先ず、給与差押や督促状が無く、返済が滞納状況にある場合、多重債務の末期になりつつあり、クレジットカードを多用し始めた時点で完全に終わりです。

重要なことは、如何に自分の状況を客観的にみられるかということであり、自分自身を見失っている方は即時に借金相談を行う必要があります。

多重債務のままでいる生活と債務整理を行った生活にはどんな違いがある?

多重債務の人の生活というのは返済に四苦八苦するような状況であり、返済ができていても日々の金利で返済してもしてもなかなか債務が減っていかず精神的にも実生活的にも苦労することが絶えないのが現実です。

一方で債務整理をしている人も返済をしないといけませんから借金の返済には苦労しますが、多重債務者の方と違って金利負担を免除または軽減されていたり、債務も元の値段より減額されているようなケースがありますから、生活も多少は安定していたりしていますので、精神的な面は苦労が少なく生活も幾分か安定しています。

ですので、多重債務者よりも債務整理をしている人の方が色々な面で生活しやすくなっているのです。

多重債務の人はリボ地獄に陥っている人が多い。長期化する返済とは

クレジットカードのリボ払いは、返済期間が長期化し易いといった危険性があります。そもそも、リボ払いについては毎月の利用残高に伴い、翌月に返済金額に占める利息が決定されています。

つまり、速やかに返済を行うことで利息が軽減され、総返済額が減るといったメリットがあります。しかし、リボ払いの場合、毎月の返済額が低額になってしまい、返済金額よりも利息だけが増加する傾向にあり、総返済額が大幅に増加する危険性があります。

そのため、利息を返済するためだけに返済期間が長期化してしまい、実質的に完済までに掛かる期間も長くなります。結果として、非常に多くの利息を支払うこととなるため、如何に短期間で返済することが重要です。