闇金への対応について

ヤミ金からお金を借りてしまったときの対応はどうすればいいか

ヤミ金からお金を借りてしまったときの対応は、どうすればいいかのかというと速やかに弁護士や司法書士へ相談することがおすすめです。

ヤミ金自体は貸金業法違反で摘発可能であり、返済する義務はないものの、警察へ相談したとしても実害がない限り動けないといった問題があります。

ついついヤミ金とは分からずに借り入れをしてしまった場合、弁護士へ相談することで確実に取り立てを回避することも可能になります。

実害がない限り動けないといった警察も弁護士の力により、動かすことも可能となりますが、一番重要なことはヤミ金からの取り立て電話などを全て記録することです。

脅しがあった場合、電話番号から契約者や登録住所を特定し、本人を摘発することが可能となり、警察自体も動かなければなりません。そもそも、ヤミ金自体が反社会的勢力であり、暴力団の資金源ともなっているため、警察も摘発することを目標にしています。

ヤミ金に怯える時代は終わり、様々な法整備や対処が確立されているため、泣き寝入りせずに戦うことが可能となりました。

闇金問題は弁護士に相談すれば解決するの?

そもそも闇金は最初から上限金利を守ろうとしない、悪質業者であり、弁護士の受任通知が届いても取り立てを中止しない場合があります。大抵の闇金は弁護士から受任通知が届き、なおかつ元金(一番最初に渡された金額。

10万円から10日分の利息として3万円を差し引かれた場合は元金7万円。同じ額面で闇金主張の利息を払い続けている場合も元金7万円)を払い終えていれば債務不存在を認めてくれます。

過払いを主張すると、よほどTVカメラを伴うような有名な弁護士でもなければ、難しいでしょう。闇金は本来違法行為を承知で貸しているので、貸し倒れを防ぐ為にさまざまな防止策を講じています。一部には暴力団も絡んでいます。

携帯番号しか知らせていない業者もあるでしょう。たかだか数万の貸し倒れで逮捕など馬鹿馬鹿しいと思う業者が多い反面、一部凶悪な業者の存在も無視できません。子供の学校に連絡されたり、ビラを貼られたりするくらいの覚悟は必要です。警察もすぐ動くとは限りません。

闇金に手を出した限りは全てを失う覚悟で、自己破産も念頭に入れての対処をしたいものです。ちなみに地方裁判所レベルの債権を主張した場合、書士では対応できませんので、弁護士に相談することにはなるでしょうが。

電話でヤミ金が脅してきた場合はどうすればいい?

電話でヤミ金が脅してきた場合は、多くの方が恐れおののいてしまい、まともな対応が出来なくなります。もし、自宅や携帯電話に電話が来たとしても、電話対応しないということが重要であり、確実に違法なヤミ金には電話番号を変える対抗を行います。

また、住所を教えてしまっている場合、自宅に取り立てに行くと脅しがありますが、このような場合には警察に相談をすることが一番重要です。さらに、勤務先への嫌がらせについては、威力業務妨害として勤務先自体が顧問弁護士へ相談するといった対応も重要です。

近年では、ヤミ金自体が反社会的勢力と認識され、暴力団に相当する組織として警戒されており、企業も適切な対応を行っています。しかし、一番重要なのは多少ながら費用は掛かるものの、弁護士や司法書士へ相談し、適切な対処を行うことが最も重要なことです。

そもそも、ヤミ金自体が貸金業法違反として摘発可能であり、反社会的勢力への資金流入を防ぐため撲滅すべき組織です。電話での脅しはあるものの、電話番号を変え、関係者へは事実を伝え、不審者を尽く摘発していくことが元の生活を取り戻す方法です。

闇金から借りたお金は返済しないことが基本

闇金からお金を借りた場合法定利息以上であれば契約自体無効です。最高裁で金利、元本を返済しなくて良いと判断されております。借りた本人が裁判所で判決が出てると言っても相手にされないでしょう。相手も商売ですのでしつこく返せと言ってくるでしょう。

当然闇金は自宅、携帯電話、会社にお金を返せと電話をかけてくると思います。会社にも来て返済を求めるかもしれません。大変迷惑な行為で安心して生活、仕事ができませんよね。どうすれば良いか?警察、弁護士に相談するのが一番良い方法です。

闇金は警察、弁護士を一番嫌いますので効果はてきめんです。弁護士に頼めば当然費用がかかってきます。結局は闇金からお金を借りないようにしましょね。

闇金からキャンセル料金を請求された場合

闇金に関するトラブルで「キャンセル料を払え」と言われるケースが最近増えています。そのような場合はとりかく『きっぱりと断る』ことが大切です。たかだが数万円であることが多いので払ってしまいたくなるかもしれません。

ただ面倒だからと払ってしまうとカモ認定されて、さらに追加料金を請求されたり別の闇金に情報を漏らされたりする恐れがあります。ある程度は嫌がらせの電話等が続くと思いますが耐えましょう。連絡が酷い場合は弁護士や警察に相談すると言い返すのも一つの手です。

とにかく折れない姿勢を見せることが大切です。それでもダメな場合、早期解決したい場合は弁護士や司法書士に相談し間に入ってもらえば費用はかかりますがすぐ解決するでしょう。

行政書士はヤミ金と和解交渉してくれる?

行政書士はヤミ金と和解交渉との和解交渉には対応しておらず、ヤミ金との和解交渉を謳う行政書士は弱者を食い物にしています。そもそも、債務整理を行う資格を有するのは、弁護士または司法書士であり、ヤミ金との和解交渉についてはこの2者が強い力を発揮します。

基本的に行政書士は法律家ではあるものの、債務整理を行ったとしても受任通知を発送できず、ヤミ金ですら門前払いを行います。弁護士や司法書士の場合、ヤミ金を壊滅まで追い込むことが可能であり、返済する義務が無いことを予め説明しています。

また、無料の借金相談でも弁護士や司法書士が対応しており、行政書士が出てくることはありません。ヤミ金問題については、行政書士よりも国民生活センターや消費者センター、法律事務所の無料相談そして民間団体の無料相談をおすすめします。

行政書士には、対抗力が無く、場合に因っては相談者から報酬を受け取り摘発されるケースも存在します。